9:00~18:00
毎週水曜日、毎月第1、第3火曜日、年末年始、 夏季休暇
2016年10月15日
社長ブログ

伝えるということの難しさ

キリスト教が世界中に広まったのは聖書という文字があったからだったよね

 

 

 

 

芸術って作者が何を伝えたいのかってよくわからないよね!?

 

 

メモをとることってとっても大事。

 

 

思いついたことを忘れないように書き記す。

 

 

キリスト教は聖書があったから世界中に広まり信者が増えた。

 

 

言葉だけだったらきちんと伝わらなかったはずだから。

 

 

埼玉県東松山市で「お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産会社」を目指している株式会社東上不動産代表の宮村明彦です。

 

 

☑伝えたいことは言葉だけじゃなくて文字にするということ

 

 

教会から派遣されてキリスト教を伝える人は宣教師。

 

 

宣教師が一字一句間違うことなく言葉だけでキリストの言葉を異国の人たちに伝えられるかというとそれはムリ。

 

 

人によってニュアンスが違ったり

 

 

自分の考え方をプラスしたり

 

 

伝える側の問題もあるだろうけど

 

 

言葉だけだったとしたら伝えられる側の人たちはもっと大変。

 

 

だからそこには聖書という文字、文章が必要だった。

 

 

そのことによって世界中の地域と人に万遍なく布教がなされた。

 

 

日本に最初に来た宣教師はスペイン人のザビエル。

 

 

そういうことです。

 

 

☑いつでもどこでもメモを取る人が信用されるって知ってた?

 

 

会議にノートを持参しない。

 

 

打ち合わせで指示されたことや決まったことをメモしない人がいるけど・・・

 

 

30分後にはもう覚えてないよね!?

 

 

だからノートを取らない人は仕事が出来ない。

 

 

廻りの人はそのことを分かっているからその人に対する信用度が下がる。

 

 

メモを取らなくても記憶してれば良いんじゃないの!?

 

 

という問題ではないのです。

 

 

メモを取ることが必要な場面でメモをしようとしていないその姿勢が廻りからの評判を落とすということになるからなんです。

 

 

そんな僕は埼玉県東松山市というところで賃貸アパートや新築住宅、中古住宅、土地の仲介をしている東上不動産という会社の社長をしています。

 

 

僕が出席する定例の会議が幾つかある。

 

 

僕が全員に向かってとか特定の誰かに向かって話をするのはよくあることです。

 

 

「いつまでに○○しておいてくださいね。」

 

 

と言ったときに・・・

 

 

「あっ・・・わかりました!」

 

 

って元気よく答えてくれたとしても

 

 

メモしていない人を見ると不安になる。

 

 

数日後に

 

 

「会議で頼んだ件なんだけど・・・」

 

 

って聞くと・・・

 

 

「あれっ!?なんでしたっけ???」

 

 

ってなるのが目に見えてるからねwww

 

 

僕は大丈夫っていうのは通用しない。

 

 

☑学生は記憶力を試される。会社は行動と結果。そして数字。

 

 

なぜなら学生と違って会社はテストで良い点を取れば良いというシステムじゃないからwww

 

 

常にプロとしての姿勢を問われているっていうことです。

 

 

伝わってますか?

 

 

手帳を持っていないだけで信用が1ランクも2ランクも下がるっていうことです。

 

 

いちいちメモする人のほうが信頼度、信用力が高いという基本が分かっていないのです。

 

 

プロとして今、自分が周りからどう見られているのか?

 

 

っていうことを常に気にしなくてはダメ。

 

 

そう思いませんか?

 

 

社長として、あるいは色々な会でリーダーとしての立場に立つ機会がある僕はそう思います。

 

 

僕自身は~

 

 

ふと思い付いたことをさっとメモ出来るように

 

 

お休みの日でもメモ帳と一緒に

 

 

いつでもどこでも名刺交換できるよう名刺を携帯しています。

 

 

車にもメモとペン、名刺は置いてある。

 

 

もっと言えばゴルフバッグにも入れてあるし

 

 

バイクのリアボックスにも入れてある。

 

 

メモ帳は枕元にもあるwww

 

 

ナイスアイデアをせっかく思いついたのに・・・

 

 

朝になったら全く思い出せないっていう悔しい経験を何度もしたから(*^^)v

 

 

でも・・・

 

 

先日、お風呂に入りながら思いついたナイスアイデア(だったと思うんだけどwww)をいまだに思い出せません(>_<)

 

 

アイデアだったり

 

 

タスクだったり

 

 

誰かに見せる訳じゃないから汚なくていい。

 

 

汚な過ぎて読めないことが時々あって困っちゃうんだけどwww

 

 

だからみんなにも「少なくとも会議にはノートを持参してメモを取ってくださいね」ってお願いしています。

 

 

多分今までに何十回もお願いしている。

 

 

それでもノートすら持参しない人がいると・・・

 

 

あ~伝わってないな・・・

 

 

って反省です。

 

 

だって僕は指示したことや頼んだことをやらないとすぐに文句を言う人だっていうことはみんな知っている訳だから・・・

 

 

それでもやらないって言うことは全く心に響いていないんだなって思う。

 

 

「いやいやいや・・・わかってますよ社長!でも会議でノートはとりたくないんですよ。」

 

 

っていうことはないもんね!?

 

 

ないwww

 

 

僕も伝えられていないことに反省の毎日なんだけど・・・

 

 

一事が万事で社内会議でノートにメモしない人はお客様との打ち合わせでもメモを取らないからお客様から不信感を抱かれる。

 

 

結果として成果を上げられない。

 

 

僕はそう思います。

 

 

だからみなさんメモをとりましょうね。

 

 

今日はそんな感じのブログです。

この記事を書いた人
宮村 明彦 ミヤムラ アキヒコ
宮村 明彦
 お酒は一滴も飲めません・・・でも毎晩どこかで誰かと一緒です♪ハーレーでツーリング!スキー!山登り&フルマラソン!が趣味。スイーツ大好き!!高原リゾートの軽井沢大好き!!大都会東京でお洋服のお買い物も大好き。埼玉県東松山市で㈱東上不動産、㈱東上建設という会社の社長やってます\(^o^)/           テレビコマーシャルでお馴染みのピタットハウス加盟店として、アパート約1950室の管理をベースに「貸したい、借りたい、売りたい、買いたい」という方のお手伝い、高齢者向け住宅のご紹介、節税対策・資産活用を中心とした相続支援のご提案、年間約750件のリフォーム、東急グループ唯一の戸建住宅建築部門である東急ホームズのビジネスパートナーとして新築注文住宅の請負、など不動産・建築に関する多彩なサービスを社員30名、5拠点で行っております。     お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産・建築会社を目指して、着実に丁寧に成長中です!!「頑張ろう!」と思う社員がいて「育てよう!」という風土があるのが自慢の当社です(*^^)v 人生は「やるかやらないか」が全て。随時、明るく元気で爽やかな対応が出来る仲間を募集しています。私たちと一緒に素晴らしいドラマ、豊かな人生を築いていきませんか!?
arrow_upward