9:00~18:00
毎週水曜日、毎月第1、第3火曜日、年末年始、 夏季休暇
2016年11月10日
社長ブログ

相続のお話し

相続って自分には関係のない話って思ってる方が意外に多いんだけど・・・

 
 



 
 

今日はちょっとお仕事のお話www


相続。


ちょっと考えたくないテーマです。


仕事柄、僕も毎月のようにセミナーなどでお客様にお話ししていますが・・・


いざ自分の親にその話を切り出すのは正直ためらいがありますwww

 

埼玉県東松山市で「お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産会社」を目指している株式会社東上不動産代表の宮村明彦です。

 

☑僕は仕事柄、揉めているケースを何度もみてきた



僕は今50歳。


父が80歳、母が77歳。


だから相続って言うのは他人事ではなく身近なテーマとして気になる世代です。


うちは幸いにも!?


サラリーマン家庭なので財産と呼べるものは実家の家屋くらいなので


相続税の心配は全くありません。


こういう家庭って多いですよね!?


8割くらいの方はそうじゃないのかなって思います。


でもね・・・


相続問題でトラブって困っているのは一部の資産家さんだけではなく


実はごく普通のサラリーマン家庭にも意外と多いんです。


資産家の方はご自身がその課題に直面することをそもそも理解しているし


銀行や出入りの税理士、僕たち不動産業者がこぞって相続セミナーにお誘いしてますからwww


全く知識がないという人のほうが少ない。


僕みたいに普通のサラリーマン家庭で育った人は間違いなく


「うちには資産なんて何もない。だからうちには全く関係ない。相続なんて金持ちの世界のお話」


って思っている。


そうでしょう!?

 

☑実は普通の家庭が一番揉めているという事実



家庭裁判所の統計によると裁判所に持ち込まれたトラブルの約75%が遺産総額5000万円以下。


その内、1000万円以下が30%です。


http://www.courts.go.jp/saikosai/vcms_lf/80904002.pdf



「5000万円も持ってないよ!」


って言う方!!


ご実家が持ち家だったら、今、お幾らの査定額になるか把握していますか!?


その他、預貯金や株など


なんだかんだで全くゼロっていうことは少ないんです。


子供側から相続の話を持ち出すのではなく


親の側から話を切り出してもらえるのが気が楽ですよね(^^♪


でも実際には元気なうちは親も自分が死んだ後の話なんか普通はしない。


家族の仲も良いのだからそんなことを改めて話す理由もない。


「死んだ後の話なんて縁起でもない。第一そんな話面倒くさいし財産狙ってるみたいで嫌だ。その時になってから残されたみんなで考えればいい。」


僕もそうです。


でもね・・・


先ほどの統計に示されているようにごく普通の家庭で揉めているというケースが非常に多いのです。


相続で揉めてるなんて家族の恥だと思う方がほとんど。


だから普通は


「いや・・・実はうち、今、相続でトラブってて大変なんだよ」


なんていう世間話は誰もしない。


だから世の中そこらじゅうで相続トラブルがあるっていうことを知らないだけ。

 

☑財産なんて家くらいなのに何で揉めるの!?

 
はい。
 
 
財産が家しかないから逆に揉めるんですwww
 
 
どういうことかと言うと・・・
 
 
仮に相続人が3人兄弟姉妹だとして
 
 
現金なら3人で均等に分けられます。


家はわけずらいwww
 
 
どういうことかというと・・・


3人の兄弟姉妹が相続した家にはお兄ちゃんが跡取りということで長年親と同居してきた。
 
 
ご両親がなくなり遺産分割の話になった。
 
 
お兄ちゃんが住み続けている家の相場は3000万円。
 
 
兄弟姉妹で揉めるつもりは毛頭ないけど・・・


これから子供の学費もかかるし住宅ローンもまだまだ残っている。


贅沢をするつもりはないけれど・・・


もらえるものであれば最低限の権利として少しでももらいたいというのが心情。
 
 
「お兄ちゃん。家はいらないから私たちに1000万円づつ現金でちょうだい」
 
 
という展開。
 
 
「はいはい。わかったよ。」


ということですぐに2000万円用意できる人は少ないっていうことなんです。


均等に分けるためには家を売却して現金化して分けるか、妹たちへ渡す現金を用意するかということです。


仮にご商売をしている家系であればお兄ちゃんの住む家は単なる自宅ではなく店舗兼住宅、工場兼住宅かもしれません。


そうなると現金化するために売却してしまえばよいという単純な話ではなくなります。


 

☑空き家問題は簡単には解決できないと思う



今、空き家が社会問題化しています。


誰も住んでいなくて野ざらしになっている空き家。


今にも倒れそうで危ない。


不審火などが心配。


犯罪に使われそうで心配。


だから使っていない空き家を何とかしなくてはいけないという話です。


所有者が遠方に住んでいて管理が出来ない。


所有者が病院や施設入ってしまってやむなく空き家になっている。


色々な理由があって簡単には解決できそうもない問題ですが・・・


我々不動産業者から見ると


相続でトラブっていて売却、賃貸、解体などの処分が出来ないでいる空き家というのも多い。


ざっくりな言い方をすると所有権が誰にあるのかで揉めているということです。


伝わってますでしょうか!?


もうすぐお正月。


めでたい場で話しずらいテーマではありますが・・・


ご両親がお元気なうちに


ご家族みなさまが集まる場で少し触れておいた方が良い話題かもしれません。


今日はそんな感じのブログです。
この記事を書いた人
宮村 明彦 ミヤムラ アキヒコ
宮村 明彦
 お酒は一滴も飲めません・・・でも毎晩どこかで誰かと一緒です♪ハーレーでツーリング!スキー!山登り&フルマラソン!が趣味。スイーツ大好き!!高原リゾートの軽井沢大好き!!大都会東京でお洋服のお買い物も大好き。埼玉県東松山市で㈱東上不動産、㈱東上建設という会社の社長やってます\(^o^)/           テレビコマーシャルでお馴染みのピタットハウス加盟店として、アパート約2000室の管理をベースに「貸したい、借りたい、売りたい、買いたい」という方のお手伝い、高齢者向け住宅のご紹介、節税対策・資産活用を中心とした相続支援のご提案、年間約750件のリフォーム、東急グループ唯一の戸建住宅建築部門である東急ホームズのビジネスパートナーとして新築注文住宅の請負、など不動産・建築に関する多彩なサービスを社員30名、5拠点で行っております。     お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産・建築会社を目指して、着実に丁寧に成長中です!!「頑張ろう!」と思う社員がいて「育てよう!」という風土があるのが自慢の当社です(*^^)v 人生は「やるかやらないか」が全て。随時、明るく元気で爽やかな対応が出来る仲間を募集しています。私たちと一緒に素晴らしいドラマ、豊かな人生を築いていきませんか!?
arrow_upward