9:00~18:00
毎週水曜日、毎月第1、第3火曜日、年末年始、 夏季休暇
2021年07月12日
社長ブログ

  「社員様パート様への手紙」              ㈱東上不動産 代表取締役 宮村明彦

毎月の給与明細の封筒にHOTLINEと称した社員様パート様への手紙を入れ始めたのは2011年5月のこと。以前、居酒屋和民を経営するワタミグループ渡邊美樹社長の「社長が贈り続けた社員への手紙」を読んで感銘を受けたことがきっかけでした。

☑目指したのはワタミフードの渡邊美樹社長

当時、上場に向け、飛ぶ鳥を落とす勢いだったワタミフードの渡邊美樹社長。講演会のテープ(カセットテープだったのです!!)で地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるんだ!!と言う渡邊美樹社長の力強い言葉を聞いて、いっぺんにファンになった。

平成5年、27歳の時に東上建設と言う工務店を創業する機会を頂き、経営者としての道を歩み始めることとなった僕は、40歳くらいまでの間、創業経営者や2代目が書かれた自伝やありとあらゆる会社経営、ビジネスジャンルの本を読み漁り、講演会やセミナーを片っ端から受講し、立派な経営者を目指すというよりも、経営者の端くれとして恥ずかしくない程度の人間には成長したいと思い、その心構えや発想力、考え方のようなものを学ぶのに必死でした。

40歳になった年に東上不動産の社長に就任し、数年経っても一向にうまくいかなかったことの一つが、自分が考えていることや方針が全くと言っていいほど社内に浸透しないということでした。

僕自身の姿勢や伝え方、頻度の問題もあったのかも知れません。でも、その時に頭によぎったのは「言葉に力はない・・・。」という事でした。思い出したのは渡辺美樹さんの著書。そうだ。創業者で上場経営者となった渡邊美樹さんほどの大社長、頭の良い人でさえ「社員への手紙」というコミュニケーションを未だにとられているのだから、恥ずかしいけど僕もやってみよう、ということで始めたのが給与明細の封筒にA4一枚の手紙をしたためるということでした。

給与明細の封筒に初めて手紙を入れたのが2011年5月25日。折しも2011年3月11日に発災した未曽有の東日本大震災で世の中が混沌としている時だった。電力不足による節電により街のネオンが消え、被災地域にあった工場からの供給が途絶え、放射能漏れによる原発周辺の帰宅困難地域の皆さんが集団移転を余儀なくされるなど、精神的にも経済的にも経験したことの無い状況と先行きへの不安から日本中が混乱を極めていた。

 

☑頑張っている誰かの役に立つかもしれない

朝礼や会議などの場面で繰り返し繰り返し、言葉で思いを伝える、ということは続けつつも、文字、手紙にすることで、自分の頭の中も自ずと整理され、そもそも自分の覚悟が定まるということにも結果として繋がったのではないかと思います。

HOTLINEの内容、文章は、僕が考えたと言うよりも、そのほとんどは先輩諸兄からお聞きした言葉であったり、書籍から引用したものです。どこかで読んだことのある文章、耳にしたことのある言葉がたくさんあると思います。

と言うことで手紙の随所にパクリがある訳なんですが、その時々の僕の思いを他人の言葉を借りて表現したという点で、僕の心からの言葉になっていると言えるのではないかと思っています。←言い訳がましい(笑)。

同業、異業種を問わず、経営者としての悩み、舵取りについて、時々、質問を受けることがあります。そのほとんどは僕自身が過去に思い悩み、悪戦苦闘してきた事なので、まさに自分事として、どのことも凄く良く分かることばかりです。僕は現役の経営者であり、商売人の一人として、日々、色々な問題に直面しながら、今より少しでも良い人生、幸せな人生、豊かな人生をスタッフの皆様と歩めるよう一所懸命に取組んでいます。

成功者でも何でもない地方の小さな会社の経営者が書き続けている手紙が、20年前の僕と同じように頑張っている誰かの役に立つことがあるかもしれない。そう思いました。会社特有のことや個人情報、個別の名称が含まれている部分は省き、時系列もランダムですが、その軌跡を少しずつ原文のままお見せしていこうと思います。

社員様パート様への手紙  2021年5月 

2021.5 HOTLINE

 

 強い会社とは大きい会社のことではありません。規模の大小ではない。もちろん赤字の会社は強い会社ではない。僕が考える強い会社とは、たくさんのお客様に永続的に強く支持されている会社のことではないかと思うのです。

 会社と言うと、ちょっと他人事、あまり実感が湧かないかも知れないので、会社を店舗、部署、チームに置き換えて頂くと、より自分事として実感して頂きやすいのではないかと思います。

 社内に人の和がないと、お客様に喜んで頂ける仕事は出来ない。なぜなら私たちの仕事は不動産そのものではなく、情報であり、接客などサービスであるからです。そして、そのサービスには、提供する私たちの心が必ず反映されているからです。

 コロナ禍にあって、私たちが以前と変わらず今日あること、そして、存分に働ける環境にあることは、お客様やお取引先様はもちろん、職場の仲間、家族といった周囲の多くの人々のご理解とご支援があるからです。決して、私たちだけの力でも、ましてや「俺が俺が」「私が私が」の個人の力でこられた訳ではありません。

 お互いに信じ合える仲間となって仕事を進めていくためには、常に周囲への感謝の気持ちを持つことが大切なのは言うまでもありません。逆に、不平不満、愚痴というものは、必ず人生を暗くし不幸にします。その対極にあるものが感謝であり、感謝することで、人生は素晴らしいものになっていく。感謝の気持ちを持つことで自分の心が美しくなっていき、運命そのものが明るく、良い方に開かれていくのだ、と聞いたことがあります。

 東上不動産にとっての競争相手は、決して同業他社ではありません。お客様です。お客様のニーズとの競争です。注意深く観察する対象は、同業他社ではなく、お客様の動向や変化です。顧客第一主義とは、徹底した顧客目線を持つということなのです。

 会社を強くするのは、一見、非合理な取組みです。大手企業は合理性を求めます。皆が賛成するような再現性の高いサービスは差別化にはならないし、当社が日々取り組んでいる地味な努力を、日々、創意工夫の精神で積み重ねる事だと思います。

 常に周囲への感謝の気持ちを持ち、お互いに信じ合える仲間となって、創意工夫しながら仕事を進めていくことが、より豊かで幸せな素晴らしい人生となると確信しています。引続きのご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。 

                      2021.5.25  宮村明彦

この記事を書いた人
宮村 明彦 ミヤムラ アキヒコ
宮村 明彦
 お酒は一滴も飲めません・・・でも毎晩どこかで誰かと一緒です♪ハーレーでツーリング!スキー!山登り&フルマラソン!が趣味。スイーツ大好き!!高原リゾートの軽井沢大好き!!大都会東京でお洋服のお買い物も大好き。埼玉県東松山市で㈱東上不動産、㈱東上建設という会社の社長やってます。 テレビコマーシャルでお馴染みのピタットハウス加盟店として、アパート約2200室の管理をベースに「貸したい、借りたい、売りたい、買いたい」という方のお手伝い、高齢者向け住宅のご紹介、節税対策・資産活用を中心とした相続支援のご提案、年間約750件のリフォーム、新築注文住宅の請負は2×4輸入住宅を中心に平成5年より約200棟設計施工するなど不動産・建築に関する多彩なサービスを社員約40名、8拠点で行っております。 お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産・建築会社を目指して、着実に丁寧に成長中です!!「頑張ろう!」と思う社員がいて「育てよう!」という風土があるのが自慢の当社です(*^^)v スタッフの70%が女性。40名のうち業界経験者採用は2名のみ。残り全員、不動産業界未経験からのスタートです。なので心配は全く不要です。育つ環境、仕組みがあります。人生は「やるかやらないか」が全て。随時、明るく元気で爽やかな対応が出来る仲間を募集しています。私たちと一緒に素晴らしいドラマ、豊かな人生を築いていきませんか!?
arrow_upward