9:00~18:00
毎週水曜日、毎月第1、第3火曜日、年末年始、 夏季休暇
2021年10月11日
社長ブログ

  「社員様パート様への手紙」              ㈱東上不動産 代表取締役 宮村明彦

毎月の給与明細の封筒にHOTLINEと称した社員様パート様への手紙を入れ始めたのは2011年5月のこと。以前、居酒屋和民を経営するワタミグループ渡邊美樹社長の「社長が贈り続けた社員への手紙」を読んで感銘を受けたことがきっかけでした。

☑目指したのはワタミフードの渡邊美樹社長

当時、上場に向け、飛ぶ鳥を落とす勢いだったワタミフードの渡邊美樹社長。講演会のテープ(カセットテープだったのです!!)で地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるんだ!!と言う渡邊美樹社長の力強い言葉を聞いて、いっぺんにファンになった。

平成5年、27歳の時に東上建設と言う工務店を創業する機会を頂き、経営者としての道を歩み始めることとなった僕は、40歳くらいまでの間、創業経営者や2代目が書かれた自伝やありとあらゆる会社経営、ビジネスジャンルの本を読み漁り、講演会やセミナーを片っ端から受講し、立派な経営者を目指すというよりも、経営者の端くれとして恥ずかしくない程度の人間には成長したいと思い、その心構えや発想力、考え方のようなものを学ぶのに必死でした。

40歳になった年に東上不動産の社長に就任し、数年経っても一向にうまくいかなかったことの一つが、自分が考えていることや方針が全くと言っていいほど社内に浸透しないということでした。

僕自身の姿勢や伝え方、頻度の問題もあったのかも知れません。でも、その時に頭によぎったのは「言葉に力はない・・・。」という事でした。思い出したのは渡辺美樹さんの著書。そうだ。創業者で上場経営者となった渡邊美樹さんほどの大社長、頭の良い人でさえ「社員への手紙」というコミュニケーションを未だにとられているのだから、恥ずかしいけど僕もやってみよう、ということで始めたのが給与明細の封筒にA4一枚の手紙をしたためるということでした。

給与明細の封筒に初めて手紙を入れたのが2011年5月25日。折しも2011年3月11日に発災した未曽有の東日本大震災で世の中が混沌としている時だった。電力不足による節電により街のネオンが消え、被災地域にあった工場からの供給が途絶え、放射能漏れによる原発周辺の帰宅困難地域の皆さんが集団移転を余儀なくされるなど、精神的にも経済的にも経験したことの無い状況と先行きへの不安から日本中が混乱を極めていた。

 

☑頑張っている誰かの役に立つかもしれない

朝礼や会議などの場面で繰り返し繰り返し、言葉で思いを伝える、ということは続けつつも、文字、手紙にすることで、自分の頭の中も自ずと整理され、そもそも自分の覚悟が定まるということにも結果として繋がったのではないかと思います。

HOTLINEの内容、文章は、僕が考えたと言うよりも、そのほとんどは先輩諸兄からお聞きした言葉であったり、書籍から引用したものです。どこかで読んだことのある文章、耳にしたことのある言葉がたくさんあると思います。

と言うことで手紙の随所にパクリがある訳なんですが、その時々の僕の思いを他人の言葉を借りて表現したという点で、僕の心からの言葉になっていると言えるのではないかと思っています。←言い訳がましい(笑)。

同業、異業種を問わず、経営者としての悩み、舵取りについて、時々、質問を受けることがあります。そのほとんどは僕自身が過去に思い悩み、悪戦苦闘してきた事なので、まさに自分事として、どのことも凄く良く分かることばかりです。僕は現役の経営者であり、商売人の一人として、日々、色々な問題に直面しながら、今より少しでも良い人生、幸せな人生、豊かな人生をスタッフの皆様と歩めるよう一所懸命に取組んでいます。

成功者でも何でもない地方の小さな会社の経営者が書き続けている手紙が、いつの日か、20年前の僕と同じように頑張っているどなたの役に立つかもしれない。そう思いました。会社特有のことや個人情報、個別の名称が含まれている部分は省き、時系列もランダムですが、その軌跡を少しずつ原文のままお見せしていこうと思います。

☑社員様パート様への手紙  2013年 9月 

2013.9   HOTLINE

 

当社に限らず、「情報の共有と伝達」が大事なのは皆さんがよくご存じの通りですが、必要な情報がタイムリーに伝わっているか?フィードバックされているか?を徹底するのが大変なのも事実です。しかし、情報が共有されていないとその対応に不満が生じて、お客様の気持ちが離れてしまいますから、「情報の共有と伝達」というテーマは避けられません。

 

例えば、オーナー様が、ふらっと手土産片手にお店にお立ち寄り下さる、ということがよくあります。美味しいお菓子を頂いて、世間話で盛り上がって・・・

 

もちろんその後、上司に報告されます。「○○オーナーが旅行に行かれたそうで、お土産にお菓子を持って来てくれました!!」

 

お客様の来店と頂き物をしたという報告はもちろん大事なことですが、伝えるべき最も大事なことは、帰り際の一言「今度○○号室が空くんだって?またよろしく頼むね!」の方ですよね!?

 

オーナー様も、ご自宅の売却を依頼中の方も、工事予定の方も、皆さん今すぐに解決したい、お願いしたい目的があって来店されています。工事予定の方は、「きちんと約束通りに手抜きをしないでやってくださいね、近隣から文句が出て私たちを困らせるような工事をしないでくださいね」でしょうか?売却のお客様の本音は、「まだ売れないの?」かもしれません。

 

我々は、お客様のお友達でも親戚でもなく、業者ですから、我々に何の依頼目的もなく世間話に来たり、お土産を届けに来ると言う事は絶対にありません。来店の真の目的は何なのか?に気を配りながら、お客様に寄り添わなければ愛想を尽かされてしまうでしょう。

 

過去から現在、未来へと情報を共有し伝達しなければならないものの中には、顧客との約束ややり取りも含まれます。ですから、情報は今いるスタッフに伝われば良いのではなく、未来の組織、数年後に新しく入社してくる社員にも伝わるようにしなければなりません。過去の経緯やトラブルを踏まえ、今はこの社内ルールになっているという事もたくさんあります。

 

皆さんの知恵と工夫、ITの活用で、風通しの良い素晴らしい社風づくりに向けたご協力を、よろしくお願い致します。

 

                      2013.9.25   宮村明彦

この記事を書いた人
宮村 明彦 ミヤムラ アキヒコ
宮村 明彦
 お酒は一滴も飲めません・・・でも毎晩どこかで誰かと一緒です♪ハーレーでツーリング!スキー!山登り&フルマラソン!が趣味。スイーツ大好き!!高原リゾートの軽井沢大好き!!大都会東京でお洋服のお買い物も大好き。埼玉県東松山市で㈱東上不動産、㈱東上建設という会社の社長やってます。 テレビコマーシャルでお馴染みのピタットハウス加盟店として、アパート約2200室の管理をベースに「貸したい、借りたい、売りたい、買いたい」という方のお手伝い、高齢者向け住宅のご紹介、節税対策・資産活用を中心とした相続支援のご提案、年間約750件のリフォーム、新築注文住宅の請負は2×4輸入住宅を中心に平成5年より約200棟設計施工するなど不動産・建築に関する多彩なサービスを社員約40名、8拠点で行っております。 お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産・建築会社を目指して、着実に丁寧に成長中です!!「頑張ろう!」と思う社員がいて「育てよう!」という風土があるのが自慢の当社です(*^^)v スタッフの70%が女性。40名のうち業界経験者採用は2名のみ。残り全員、不動産業界未経験からのスタートです。なので心配は全く不要です。育つ環境、仕組みがあります。人生は「やるかやらないか」が全て。随時、明るく元気で爽やかな対応が出来る仲間を募集しています。私たちと一緒に素晴らしいドラマ、豊かな人生を築いていきませんか!?
arrow_upward