9:00~18:00
毎週水曜日、毎月第1、第3火曜日、年末年始、 夏季休暇
2021年09月20日
社長ブログ

  「社員様パート様への手紙」              ㈱東上不動産 代表取締役 宮村明彦

毎月の給与明細の封筒にHOTLINEと称した社員様パート様への手紙を入れ始めたのは2011年5月のこと。以前、居酒屋和民を経営するワタミグループ渡邊美樹社長の「社長が贈り続けた社員への手紙」を読んで感銘を受けたことがきっかけでした。

☑目指したのはワタミフードの渡邊美樹社長

当時、上場に向け、飛ぶ鳥を落とす勢いだったワタミフードの渡邊美樹社長。講演会のテープ(カセットテープだったのです!!)で地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるんだ!!と言う渡邊美樹社長の力強い言葉を聞いて、いっぺんにファンになった。

平成5年、27歳の時に東上建設と言う工務店を創業する機会を頂き、経営者としての道を歩み始めることとなった僕は、40歳くらいまでの間、創業経営者や2代目が書かれた自伝やありとあらゆる会社経営、ビジネスジャンルの本を読み漁り、講演会やセミナーを片っ端から受講し、立派な経営者を目指すというよりも、経営者の端くれとして恥ずかしくない程度の人間には成長したいと思い、その心構えや発想力、考え方のようなものを学ぶのに必死でした。

40歳になった年に東上不動産の社長に就任し、数年経っても一向にうまくいかなかったことの一つが、自分が考えていることや方針が全くと言っていいほど社内に浸透しないということでした。

僕自身の姿勢や伝え方、頻度の問題もあったのかも知れません。でも、その時に頭によぎったのは「言葉に力はない・・・。」という事でした。思い出したのは渡辺美樹さんの著書。そうだ。創業者で上場経営者となった渡邊美樹さんほどの大社長、頭の良い人でさえ「社員への手紙」というコミュニケーションを未だにとられているのだから、恥ずかしいけど僕もやってみよう、ということで始めたのが給与明細の封筒にA4一枚の手紙をしたためるということでした。

給与明細の封筒に初めて手紙を入れたのが2011年5月25日。折しも2011年3月11日に発災した未曽有の東日本大震災で世の中が混沌としている時だった。電力不足による節電により街のネオンが消え、被災地域にあった工場からの供給が途絶え、放射能漏れによる原発周辺の帰宅困難地域の皆さんが集団移転を余儀なくされるなど、精神的にも経済的にも経験したことの無い状況と先行きへの不安から日本中が混乱を極めていた。

 

☑頑張っている誰かの役に立つかもしれない

朝礼や会議などの場面で繰り返し繰り返し、言葉で思いを伝える、ということは続けつつも、文字、手紙にすることで、自分の頭の中も自ずと整理され、そもそも自分の覚悟が定まるということにも結果として繋がったのではないかと思います。

HOTLINEの内容、文章は、僕が考えたと言うよりも、そのほとんどは先輩諸兄からお聞きした言葉であったり、書籍から引用したものです。どこかで読んだことのある文章、耳にしたことのある言葉がたくさんあると思います。

と言うことで手紙の随所にパクリがある訳なんですが、その時々の僕の思いを他人の言葉を借りて表現したという点で、僕の心からの言葉になっていると言えるのではないかと思っています。←言い訳がましい(笑)。

同業、異業種を問わず、経営者としての悩み、舵取りについて、時々、質問を受けることがあります。そのほとんどは僕自身が過去に思い悩み、悪戦苦闘してきた事なので、まさに自分事として、どのことも凄く良く分かることばかりです。僕は現役の経営者であり、商売人の一人として、日々、色々な問題に直面しながら、今より少しでも良い人生、幸せな人生、豊かな人生をスタッフの皆様と歩めるよう一所懸命に取組んでいます。

成功者でも何でもない地方の小さな会社の経営者が書き続けている手紙が、いつの日か、20年前の僕と同じように頑張っているどなたの役に立つかもしれない。そう思いました。会社特有のことや個人情報、個別の名称が含まれている部分は省き、時系列もランダムですが、その軌跡を少しずつ原文のままお見せしていこうと思います。

社員様パート様への手紙  2017年 8月 

2017.8     HOTLINE

 

一億総活躍社会の実現に向けて政府主導で提唱されている「働き方改革」。テレビやネットニュースでも盛んに働き方改革というキーワードが飛び交っています。労働人口が減少していく中で、長く日本の労働環境の定番だった長時間労働や残業、生産性の悪さを改善していこうというものです。

 

人生の大半は仕事をしている時間ですから、効率よく有意義に成果を上げることで、働いてくれている皆様がより快適で幸せを実感できる会社にしていきたいと僕も強く思っています。我々の仕事はベルトコンベアーの流れ作業と違って、個人のお客様を相手にしている仕事。ですから業務の定量化や時間配分をルール化するというのが難しい面があるのは重々承知しています。それでも時間外労働を減らし、有給休暇を取得しながらより高い成果を上げ続ける、という事に真剣に取組みたいと考えています。

 

何よりも大事なのは当社で働いて下さっている社員様、パート様が「人も会社も成長を実感できる会社」づくりだと思っています。再確認して頂きたいのは、リーダーの役割は「部下を幸せにする」ということです。「部下の幸せ」とは「部下の生活を守る」ということです。リーダーと部下が一致団結して仕事に当たり、自部門の収益を上げる。採算の改善に取り組み黒字を大きくすることが給料や福利厚生のレベルアップにつながり「部下の生活を守る」=「部下を幸せにする」ことができるということです。

 

掛け声だけでは一年経っても何も変わらないでしょうから、具体的に組織を変えていきます。組織自体を小チームに変えて、その小チームの人たちが即断即決で全部の仕事を出来るように組織を作り変えていきたいと考えています。社長の決めたことを実行するのではなく、自分が発案して仕事を決められるように変えていくということです。

 

組織が固定化してくる、大きくなってくる、しっかりしてくるとすぐに大企業病に落ちいる。僕は今そのことを痛感しています。上司の指示待ち。上司は上司で「社長が言ったから。」「会社の仕組みはこうだから。」「前からこういうやりかただから。」「先方にこう言われたから。」という考えることのない判断。あるいは当社でやる仕事を他業者に電話一本で丸投げする。だったらその人は不要です。思考することをしないのなら、マニュアルを渡せば通りすがりの人に頼んでも同じということです。伝わってますでしょうか!?

 

黙っていても今日と同じ明日が来ると思っている。組織が硬直化しつつある。うちの会社はとても小さな零細企業です。大企業ゴッコ、お役所的な言葉遊びをしている余裕はありません。考えて考えて考えて実行する。成果を得るまで継続する。それだけです。だから一つ一つの組織をもっと小さくして担当者が自分のアイデアを仕事に出来て、確実に責任も利益も取れるような形に変えていこう、相応しい人がリーダーになろうという事です。「誰でもいいはずはない。代わりがいない仕事を!!」に来期は皆で真剣に取り組んで参ります。ご協力よろしくお願いいたします。

                       2017.8.25   宮村明彦

この記事を書いた人
宮村 明彦 ミヤムラ アキヒコ
宮村 明彦
 お酒は一滴も飲めません・・・でも毎晩どこかで誰かと一緒です♪ハーレーでツーリング!スキー!山登り&フルマラソン!が趣味。スイーツ大好き!!高原リゾートの軽井沢大好き!!大都会東京でお洋服のお買い物も大好き。埼玉県東松山市で㈱東上不動産、㈱東上建設という会社の社長やってます。 テレビコマーシャルでお馴染みのピタットハウス加盟店として、アパート約2200室の管理をベースに「貸したい、借りたい、売りたい、買いたい」という方のお手伝い、高齢者向け住宅のご紹介、節税対策・資産活用を中心とした相続支援のご提案、年間約750件のリフォーム、新築注文住宅の請負は2×4輸入住宅を中心に平成5年より約200棟設計施工するなど不動産・建築に関する多彩なサービスを社員約40名、8拠点で行っております。 お客様の節目節目に何度でも選んで頂ける不動産・建築会社を目指して、着実に丁寧に成長中です!!「頑張ろう!」と思う社員がいて「育てよう!」という風土があるのが自慢の当社です(*^^)v スタッフの70%が女性。40名のうち業界経験者採用は2名のみ。残り全員、不動産業界未経験からのスタートです。なので心配は全く不要です。育つ環境、仕組みがあります。人生は「やるかやらないか」が全て。随時、明るく元気で爽やかな対応が出来る仲間を募集しています。私たちと一緒に素晴らしいドラマ、豊かな人生を築いていきませんか!?
arrow_upward