9:00~18:00
毎週水曜日、毎月第1、第3火曜日、年末年始、 夏季休暇
2021年11月08日
社長ブログ

「社員様パート様への手紙」              ㈱東上不動産 代表取締役 宮村明彦

毎月の給与明細の封筒にHOTLINEと称した社員様パート様への手紙を入れ始めたのは2011年5月のこと。以前、居酒屋和民を経営するワタミグループ渡邊美樹社長の「社長が贈り続けた社員への手紙」を読んで感銘を受けたことがきっかけでした。

☑目指したのはワタミフードの渡邊美樹社長

当時、上場に向け、飛ぶ鳥を落とす勢いだったワタミフードの渡邊美樹社長。講演会のテープ(カセットテープだったのです!!)で地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集めるんだ!!と言う渡邊美樹社長の力強い言葉を聞いて、いっぺんにファンになった。

平成5年、27歳の時に東上建設と言う工務店を創業する機会を頂き、経営者としての道を歩み始めることとなった僕は、40歳くらいまでの間、創業経営者や2代目が書かれた自伝やありとあらゆる会社経営、ビジネスジャンルの本を読み漁り、講演会やセミナーを片っ端から受講し、立派な経営者を目指すというよりも、経営者の端くれとして恥ずかしくない程度の人間には成長したいと思い、その心構えや発想力、考え方のようなものを学ぶのに必死でした。

40歳になった年に東上不動産の社長に就任し、数年経っても一向にうまくいかなかったことの一つが、自分が考えていることや方針が全くと言っていいほど社内に浸透しないということでした。

僕自身の姿勢や伝え方、頻度の問題もあったのかも知れません。でも、その時に頭によぎったのは「言葉に力はない・・・。」という事でした。思い出したのは渡辺美樹さんの著書。そうだ。創業者で上場経営者となった渡邊美樹さんほどの大社長、頭の良い人でさえ「社員への手紙」というコミュニケーションを未だにとられているのだから、恥ずかしいけど僕もやってみよう、ということで始めたのが給与明細の封筒にA4一枚の手紙をしたためるということでした。

給与明細の封筒に初めて手紙を入れたのが2011年5月25日。折しも2011年3月11日に発災した未曽有の東日本大震災で世の中が混沌としている時だった。電力不足による節電により街のネオンが消え、被災地域にあった工場からの供給が途絶え、放射能漏れによる原発周辺の帰宅困難地域の皆さんが集団移転を余儀なくされるなど、精神的にも経済的にも経験したことの無い状況と先行きへの不安から日本中が混乱を極めていた。

☑頑張っている誰かの役に立つかもしれない

朝礼や会議などの場面で繰り返し繰り返し、言葉で思いを伝える、ということは続けつつも、文字、手紙にすることで、自分の頭の中も自ずと整理され、そもそも自分の覚悟が定まるということにも結果として繋がったのではないかと思います。

HOTLINEの内容、文章は、僕が考えたと言うよりも、そのほとんどは先輩諸兄からお聞きした言葉であったり、書籍から引用したものです。どこかで読んだことのある文章、耳にしたことのある言葉がたくさんあると思います。

と言うことで手紙の随所にパクリがある訳なんですが、その時々の僕の思いを他人の言葉を借りて表現したという点で、僕の心からの言葉になっていると言えるのではないかと思っています。←言い訳がましい(笑)。

同業、異業種を問わず、経営者としての悩み、舵取りについて、時々、質問を受けることがあります。そのほとんどは僕自身が過去に思い悩み、悪戦苦闘してきた事なので、まさに自分事として、どのことも凄く良く分かることばかりです。僕は現役の経営者であり、商売人の一人として、日々、色々な問題に直面しながら、今より少しでも良い人生、幸せな人生、豊かな人生をスタッフの皆様と歩めるよう一所懸命に取組んでいます。

成功者でも何でもない地方の小さな会社の経営者が書き続けている手紙が、いつの日か、20年前の僕と同じように頑張っているどなたの役に立つかもしれない。そう思いました。会社特有のことや個人情報、個別の名称が含まれている部分は省き、時系列もランダムですが、その軌跡を少しずつ原文のままお見せしていこうと思います。

社員様パート様への手紙  2018年 11月 

2018.11   HOTLINE

 

 

今期の経営方針会で「会議に出席したら必ず発言しましょうね。」ということをお願い致しました。若い方や社歴の浅い方の中には、せっかく良いアイデアや意見を持っていても先輩を前に気後れしたり緊張して中々発言できないということがあるのではないか!?と思ったからです。

 時にはトップダウンで一機果敢に取り組んで結果を直ぐに出すことも必要です。でも基本的に僕は「目の前のお客様に喜んで頂けること。」を皆が自由に考え、自由に意見を言い合い、何をするのかを自分たちで決めるのが良いと思っています。(もちろん自由な意見と言うのは文句や中傷ではないですよ。)むしろ経営者として、皆が自由に考え、自由に意見を言い合える環境づくりをするのが自分の仕事だと思っています。

その肝となるのがフラットな人間関係なのではないか!?という事で某社をお手本として、役職ではなく「〇〇さん」と呼び合いましょう、ということも提案させて頂きました。上司と違う意見を言っても部下の立場が不利にならないという安心感を築くためのフラットな人間関係づくりの一つです。

そして、そのフラットな組織づくりに欠かせないのが社内の情報共有です。あらゆる会議の参加をオープン化したことはその一つの手法です。当社は既に日々の最新の売上や顧客数など、経営判断の肝となる情報はネット上で誰でも見ることが出来るし、全ての部門の月次売上や昨対も月初の朝礼で情報共有している。ラインを使ったタイムリーな情報共有もして頂いています。

言ってみれば過去の情報は共有できていたが、今後の取り組みの検討現場は所属部署以外、見ること、知ること、参加することが出来なかった。僕の認識は、各会議とは当社の未来を創る検討・決定機関です。今後は所属ではない部門の会議にも積極的にご参加頂くことで、各部門が経営判断に使うのと同じ加工前の生の最新情報もタイムリーに共有して頂けます。今まで以上に全社的な視野からのアイデア、正しい判断、ご意見を頂けるものと期待しております。

僕は、どんな仕事も「目の前のお客様に少しでも喜んで頂ける。」ようにするという顧客満足度の向上に貢献できる余地があるし、街の魅力、会社の魅力をもっともっと発信して、単調になりがちな私たちの日々の仕事を創造的な仕事に変えることが出来ると信じています。

大事なのは、皆さんが日々、考え作って頂いている魅力やサービスがお客様起点になっているかどうか!?ということだと思います。その上で「言いたいことを、言いたい相手に、自由に言える環境」を大切にすることが、正しい議論を生み、新しいアイデアや魅力的なサービスに繋がるのではないでしょうか。

部門横断的なプロジェクトも、チーム内の議論も私たちの個性、多様性を活かしながら大きな成果を実らせていけるよう共に頑張りましょう。

 

                      2018.11.25  宮村明彦

arrow_upward